髪の毛の質は食べ物に影響する?

育毛中にコーヒーを飲む事には、賛否両論があります。実際のところ、適切に摂取するのなら、コーヒーも育毛にプラスになるものの、過剰に摂取すれば問題になります。ご存知のように、カフェインには血行を促進させる作用があるため、頭皮の血行不良が改善されれば、髪の成長にも良い影響を与えるでしょう。ただ、たくさん飲めば、深い睡眠を阻害しますから、健康にも髪の毛にも良くないということになります。イソフラボンは「植物性エストロゲン」と呼ばれるほど、女性ホルモンのエストロゲンに近い作用があるとされ、男性ホルモンの活性化を抑えて、薄毛の予防になると聞いたことがある方もいると思います。そのため、育毛にも効果があると言われますが、これまでに科学的実証が認められたという話はありません。世間では、大豆イソフラボンという名が有名なことからも分かるように、イソフラボンは大豆製品に多く含まれています。髪の毛の健康を考えた時、全身の血行を良くすることは最も重要な事です。血行改善にはやはり、運動することがベストな方法ですが、屋外でのスポーツを長時間やる必要もなく、気軽にできるストレッチを15分くらい行えば、血行を良くすることができます。それに、育毛のみならず、固まった身体を柔らかくしますから、身体のコリが改善され、リラックスできます。毎日の睡眠を質の良いものに改善するのは髪の健康と密接な関わりがあり、育毛剤などの作用が働きやすいようにサポートしてくれます。なぜなら、人間の体は睡眠中に成長ホルモンが分泌され、これが髪の毛のを作りだす毛母細胞や全身の組織を修復するからです。夜10時から深夜2時は成長ホルモンが多く分泌されますから、この時間に眠る事が質の高い睡眠をもたらし、育毛に繋がる事になるでしょう。髪をセットする時、整髪料を使っている方も多いでしょう。けれども、整髪料は育毛を考える上では、あまり好ましいものではありません。空気中の埃が整髪料によって髪に付着しやすくなり、普通にシャンプーするだけでは落としきれない事が多く、頭皮に付いたまま残ってしまうと毛穴詰まりや炎症を引き起こす可能性があり、薄毛や抜け毛を進行させるかもしれません。できれば頭皮部分には触れないタイプの整髪料を使い、丁寧な洗髪を心掛けるようにしましょう。薄毛や抜け毛など、髪の悩みを専門に診てくれるところには、サロンまたはクリニックがあります。両者の違いは、医師による医療行為があるかないかです。育毛サロンは、体質に合った育毛剤の処方やプロの手でマッサージをしてもらうなど、発毛しやすい頭皮にしていきます。それに比べてクリニックは、医師による薬の処方や器具を使った発毛医療を受けることができる施設で、サロンとは異なります。人によって説が違うのが、育毛の難しいところです。例えばシャンプー後のコンディショナーの使用も意見が割れています。そもそも、コンディショナーは髪の表面のダメージを補修して保護膜を作ります。コーティング剤にはシリコンが使われていることが多く、頭皮の毛穴に詰まってしまうと髪の成長に悪影響が出ますから、育毛におけるリスクだと考えられています。ノンシリコンの育毛に適したコンディショナーを使って、毛穴詰まりを起こさないように丁寧に洗うことで抜け毛のリスクを回避できるでしょう。代表的な肌トラブルといえば、かゆみやニキビ、炎症です。頭皮にも同じことが言え、体質に合わない成分の育毛剤を使うと、肌トラブルの症状が出てくることがあります。育毛剤の効果と勘違いして放置していると、育毛治療になるどころか発症した肌トラブルが進行して頭皮にダメージを与えてしまうでしょう。育毛剤の使用中に、何らかの異常があらわれた場合は使用を控えて様子を見る方が良いでしょう。海藻類が髪の毛に良いという話は、昔から言われていますが、海藻類はヨウ素などの栄養素が含まれているので、健康には良いもののダイレクトに毛髪の成長を促すような効果は無いというのがこれまでの話でした。けれど、海藻類のヌルヌルに含まれるフコイダンという食物繊維の一種が毛髪を成長させる毛母細胞を活性化させるIGF-1の素になっていることが解明されたのです。IGF-1は、ソマトメジンCという名前が付いており、海藻以外にも、大豆や唐辛子を食べることによって増加します。残念ながら、育毛サロンで詐欺被害に遭ったという報告は後を絶ちません。当然のことですが、多くの育毛サロンは適正な価格で施術を行ってくれています。ですが、常識はずれに高い利用料を取られたり、育毛治療の結果は人によって違いがあって当然なのに、絶対に発毛すると信じ込ませようとするなど、わずかでも「おかしい」と思うようなことがあったのなら、本契約の前に知識のある人に意見を貰った方が良いでしょう。洗い流さないトリートメント 縮毛矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です