髪の毛を健康にするには

髪の毛の大部分はケラチンでできています。具体的にはケラチンというひとつの成分ではなく、18種類ものアミノ酸が結合してできたものです。ですから、良質なアミノ酸を摂取することが、育毛にとって重要になると言えるでしょう。ケラチンを構成するアミノ酸の中には、体内で合成できず、外部からの摂取が必要な必須アミノ酸も入っているので、食事の際に十分に摂取すると良いでしょう。必須アミノ酸を多く含んだ食品である、乳製品や大豆を食べると良いでしょう。本気で育毛治療をするのであれば専門医からカウンセリングを受けて、育毛治療の計画を立てましょう。しかし、クリニックにかかる程ではなかったり、髪を強くしたいと思っているのなら自宅で簡単に頭皮や頭髪のケアをしましょう。これといって育毛ケアの製品を揃えなくても、バランスの良い食事を心掛けたり、飲酒やタバコを控える、それにストレッチやウォーキングで身体を動かしたり、入浴して血行を良くしておくなど、健康的な生活へ変えていくことで、髪の毛も健康になっていきます。サロンを利用して育毛に取り組もうとした場合、安易に利用するサロンを決めないようにしてください。詐欺で騙される危険があります。当然のことですが、ほとんどの育毛サロンは安全です。ただ、何かと理由を付けて高額な商品を購入させられたり、施術の結果には個人差があるものなのに、必ず発毛すると宣伝しているなど、サロンや担当者の対応で心配に思う出来事があれば、契約書を交わす前に周りのアドバイスをもらうようにしましょう。育毛に関しては多くの俗説が出回っていますが、筋トレが原因の薄毛があるというのもこの一つです。筋肉を付けるという事は、薄毛の要因とされている男性ホルモンを活性化させることになるため、これがこの話の根拠になりますが、実際は筋トレと薄毛には特に関連性はありません。けれども、AGA(男性型脱毛症)の人が筋トレを行った場合は薄毛を進行させるかもしれません。AGAは体内の男性ホルモンが脱毛物質へと変化しやすい病気だからです。乱れた生活習慣を改善し、規則正しく健康的な生活を送ることは、育毛対策にも繋がる事です。例えば、一日の中で一番新陳代謝が行われるのが、睡眠時なのです。そのため、眠りが浅ければ毛髪の成長にも悪影響になります。または、慢性的な運動不足は全身の血行不良と新陳代謝の低下のリスクがあり、育毛には厳禁だといえます。血行不良は頭皮や毛髪に必要な栄養素が届かなくなってしまうのです。育毛治療をクリニックや病院で行った場合、保険の適用外になるので、自己負担で治療費を支払う必要があります。そのため、治療にかかる費用はクリニックごとに違いがあります。治療内容と、それにかかる料金は直接、担当医にカウンセリングをしてもらってから算出されますが、投薬での治療と比較すると、植毛や注射で治療したケースでは治療費に相当な差がでます。京都大学山中教授が作製に成功した万能細胞であるiPS細胞ですが、この細胞を使った発毛実験に一定の効果が見られることが分かりました。皮下で毛根を包み込む筒状の組織で髪の成長のための栄養を貯める毛包がiPS細胞によって再生させる技術が開発されたそうなのです。とはいえ、研究段階なので使えるまでには時間がかかってしまうでしょうが、髪の悩み解消する技術は日進月歩で発展しています。育毛効果があるとされる成分には多くのものがあります。例えば、白薬子というエキスは毛母細胞を活性化しますし、血行不良を改善し髪の毛に栄養が届くようにするニンジンエキス、あるいは殺菌効果があり頭皮の環境改善に期待できるヒノキチオールといった成分があります。育毛治療薬に限らず、医薬品や医薬部外品に指定された薬は成分を全て記載する義務があるので、パッケージなどを見れば、あらかじめ確認しておくことが可能です。ただし、化粧品に分類される育毛薬については記載の義務がないので注意が必要です。育毛治療の効果はどのように現れるのでしょうか?一般的に、効果を一番に実感できるのは、おでこや生え際などに生えてくる産毛です。個人差はあるものの、一般的に薬を使って治療している人の多くが、早くても3ヶ月程度、遅くても半年続けていれば、産毛の存在を認識できると思います。この新しい毛を育て、個々の産毛が毛髪として十分な太さになってゆけば、薄毛の悩みが軽くなっていくでしょう。病院の処方箋を見てみると、副作用がゼロというような薬は存在しません。残念ながら、育毛剤にも同じことが言えます。病院などで処方されたものの場合は使用上の注意を薬剤師から説明されると思うので、その指示に従えば特に心配ありません。ですが、海外の育毛剤を個人輸入するのなら、前もって副作用の有無と危険性について認識した上で使うことをおススメします。※湿気に負けない!40代の髪のくせ毛に効くヘアクリームは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です